CROSS総合科学公開講座を開催

2011年 12月 20日

開催に先立ちあいさつする

西谷理事長

 12月16日(金)つくば市の文部科学省研究交流センターにおいて

 「CROSS総合科学公開講座」を開催しました。

 CROSS会員、一般聴講者など約50人が参加。

 5人の研究者が各テーマで発表。

 発表後、参加者と講師の熱心な質疑応答がありました。

 発表者とテーマは以下の通りです。

 

 

  伴 秀一 氏 (高エネルギー加速器研究機構教授)

 「福島第一原子力発電所事故による放射能・放射線の
 KEKでの測定と放射線の効果・影響の基礎」

  長坂 愼一郎 氏 (元 山形大学教授)

  「霞ヶ浦流域における放射能汚染の推移」
              

  鈴木 曉仁 氏 (筑波山一乗院 住職) 

 「日本人の宗教感」                       

  青木 貞雄 氏 (筑波大学名誉教授)

  「X線および中性子線顕微鏡の開発」              

 佐藤 繁 氏 (東北大学名誉教授)

 「放射線と医学利用」                            

 

当サイトの内容は
2016年3月24日現在のものです。