藤井保彦東海センター長「西川賞」を受賞

2011年 09月 08日

平成23年度の日本結晶学会の学会賞の発表があり、

当財団の藤井保彦東海センター長が「西川賞」受賞者に選ばれました。

この西川賞は、日本の結晶学の草分けである

西川正治先生(1884-1952, 東京帝国大教授、1951文化勲章受章、

息子さんは元KEK所長の西川哲治、広大教授の西川恭治のお二人)

を記念したもので日本結晶学会では最高の賞とされています。 

授賞式は今年の結晶学会年会の総会(北海道大学、11月24-25日)で行われ、

その後に受賞講演をします。

 

  日本結晶学会「西川賞」(平成23年度)

 
当サイトの内容は
2017年6月9日現在のものです。