公的研究費の取扱いと研究不正への取り組み

 一般財団法人総合科学研究機構(以下、「当財団」という。)は、文部科学省の「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」を踏まえ、競争的資金を中心とした公的研究費の適正な運営・管理等の強化及び研究活動の不正行為防止に取組んでおります。

今後とも、職員等の一層の意識向上を図るとともに、より適正な運営・管理を行うための環境整備等を進め、法令遵守に努めて参ります。

公的研究費の取扱いと研究不正への取り組みに関する基本方針

公的研究費(競争的資金等)は国民の税金が原資であることを念頭に、社会に対して説明責任を果たせる仕組みを構築し、不正に対しては断固たる姿勢で臨みます。

競争的資金等を取扱う者は、不正使用を誘発する背景や要因を把握し、不正使用及び研究不正の防止のための有効な対策を施します。

責任体制の明確化

競争的資金等の取り扱いに関して、適正に運営・管理するため、最高管理責任者、統括管理責任者、コンプライアンス推進責任者及び不正防止推進者等を定め、責任体制を明確化しております。

相談・通報窓口の設置

競争的資金等の使用に関するルール、事務手続き等について、当財団内外からの相談窓口を設置しております。

また、競争的資金等の不正使用、研究活動における不正行為に関し、当財団内外からの通報に対応する窓口も設置しております。

不正な取引に関与した業者への対応

 不正を防止するためには、職員等はもとより、取引に関わる業者の皆様にも誠実な対応が求められます。不正な取引に関与した場合、当該業者に対しても厳正な措置を講じます。

規程・要領等